プリザーブドフラワーの活用法

  • プリザーブドフラワーってどんな花?

    • 最近よく目にするプリザーブドフラワーとは、どんな花のことだかご存知でしょうか?プリザーブドとは、日本語で「保存された」という意味です。



      生花の美しさと瑞々しさを、できるだけ長い間楽しめるようにと、特殊な技術で加工された花のことです。「ブリザーブドフラワーや、ブリザードフラワーと呼ばれることもありますが、正しくは、「プリザーブドフラワー」です。
      刈り取り後、すぐに樹液を取り除き、有機物と色素を交ぜたプリザーブド液に浸して作ります。

      数時間から数日間、プリザーブド液を吸わせると、生花と見間違うくらいの瑞々しい質感を保った製品が出来上がります。

      生花の保存方法と言えば、古くからあった押し花の他、ドライフラワーがありますが、どちらも生花の鮮やかな色が失われたり、平たくなるなど形が変わってしまったり、また、乾燥してバラバラになりやすくなるなどの欠点がありました。

      T-SITEのサイトが登場しました。

      その店、プリザーブドフラワーは、プリザーブド液に含まれるグリセリンの効果で、花本来のしなやかさを保つことができます。



      また、色素を加えることができるので、水色のバラなど、現実にはない新しい色の花を楽しむこともできます。

      水やりの必要もありませんので、高温多湿に気をつけるなど、良い保存状態の下では、10年以上もの長い間にわたって、生花のような美しさと瑞々しさとを楽しむことができます。


      記念日やお祝いの時の贈り物に、いかかですか?プリザーブドフラワーは、額やケース入りの物の他、鉢に植えたタイプのものもあり、様々な商品を選ぶことができます。

  • 関連リンク

    • 最近よく目にするプリザーブドフラワーとは、どんな花のことだかご存知でしょうか?プリザーブドとは、日本語で「保存された」という意味です。生花の美しさと瑞々しさを、できるだけ長い間楽しめるようにと、特殊な技術で加工された花のことです。...

    • プリザーブドフラワーは、生のお花を特殊液につけて加工することで、お水をやらなくても長期間保存できるようにしたお花です。誕生日や記念日のお祝いなど、プレゼントとしてもらうことが多いため、できるだけ長く綺麗に飾っておきたい思う人が多いのではないでしょうか。...