プリザーブドフラワーの活用法

  • プリザーブドフラワーを綺麗に保つお手入れ方法

    • プリザーブドフラワーは、生のお花を特殊液につけて加工することで、お水をやらなくても長期間保存できるようにしたお花です。
      誕生日や記念日のお祝いなど、プレゼントとしてもらうことが多いため、できるだけ長く綺麗に飾っておきたい思う人が多いのではないでしょうか。
      いくら長持ちするように特殊加工がされているとはいえ、もともとは生のお花ですので、扱い方を間違えるとすぐに痛んでしまう可能性もあります。

      汚れがついてしまったときも、プリザーブドフラワーが痛まないように気をつけながら掃除をするようにしましょう。

      プリザーブドフラワーにホコリがついてしまったときは、手を使って払うのではなく可能な限り柔らかな素材のタオルで優しく拭くようにしましょう。



      手の指や硬い素材のハンカチなどで掃除をすると表面を痛めてしまう可能性があります。

      もし長い間かけて積もってしまっているようなホコリではなく、表面にゴミやホコリが少しついているだけならば、ドライヤーの冷風で吹き飛ばしてしまうという方法もあります。



      風を当てるだけで直接触れないため、痛みにくいお掃除方法です。
      ドライヤーを使うときは 必ず冷風で使うようにしましょう。
      温風を長時間あてるとお花が痛んでしまう可能性が高いですので、くれぐれも風の温度には注意しましょう。
      風の強さも弱風で試してみて、強い風は当てないようにしましょう。可能ならば初めからホコリがつかないように綺麗なガラスの容器などに入れて飾って楽しむのが一番です。

      iemoの情報を多数ご用意したサイトです。

  • 関連リンク

    • 最近よく目にするプリザーブドフラワーとは、どんな花のことだかご存知でしょうか?プリザーブドとは、日本語で「保存された」という意味です。生花の美しさと瑞々しさを、できるだけ長い間楽しめるようにと、特殊な技術で加工された花のことです。...

    • プリザーブドフラワーは、生のお花を特殊液につけて加工することで、お水をやらなくても長期間保存できるようにしたお花です。誕生日や記念日のお祝いなど、プレゼントとしてもらうことが多いため、できるだけ長く綺麗に飾っておきたい思う人が多いのではないでしょうか。...